カンジダ症が引き起こす様々の症状

カンジダ症が引き起こす様々の症状

カンジダ症が引き起こす様々の症状と注意

カンジダ症は多くの人が経験をしたことがあるポピュラーな病気の一種ですが、その症状は正しく認識されていないのが現状です。カンジダ症の主な症状は「かゆみ」や「白く濁ったオリモノ」ですが、悪化すると日常生活にも影響が症状を引き起こしますので注意が必要です。

 

 

口や全身の皮膚など至る所で発症するカンジダ症
女性がカンジダ症を発症する場合、外陰部や膣内での炎症が有名ですが、口や全身の皮膚、爪の中に至るまでさまざまな場所で発症させます。また、菌が繁殖する環境が整えば何度も繰り返して発症する可能性があるほか、最悪の場合ガンを引き起こす可能性も指摘されており、初期症状でもあるかゆみや軽い炎症などは放置せずに完治するまでしっかり治すようにしましょうね。

 

また、外傷的な症状の他、めまいやむくみ、強い眠気など一見カンジダ菌とは関係のないような症状もあり発見が見逃されるケースも多くあります。

 

 

腸内に住むカンジタ菌は治療しにくい


カンジダ菌は陰部と腸内に住んでいます。陰部のカンジダ症は男性、女性とも清潔を保ったり患部を洗い流したりすることで改善ができますが、腸内に住むカンジダ菌は抗生物質で菌の繁殖を抑える治療が主になってきます。しかし、お薬によって抑えられる症状は一時的なもので再発しやすく、徐々に症状が重度化する傾向があります。

 

そこで、注目されているのが「乳酸菌」です。多くの医師が良質な乳酸菌がカンジダ症に効果があると判断されており、治療やケアの一環として乳酸菌の摂取を進める病院もあります。

 

 

乳酸菌でカンジダ菌を予防できる!?
乳酸菌のサプリメント「フジッコ・善玉菌のチカラ」が、カンジタ症予防に注目されています。カンジダ症を繰り返す人は体質改善が最も重要な治療のカギです。良質な善玉菌を日常的に体に取り込み、カンジタ症になりにくい体を目指しましょう。フジッコ・善玉菌のチカラについてはこちら→カンジダ予防のサプリメントで紹介しています。

 

外傷によるものでないめまいやむくみは、腸内に住むカンジダ菌の異常繁殖が原因で肝臓を刺激して起こっていますので、体の中からのケアが効果的です。

 

カンジダ症が引き起こす様々の症状