カンジダ 放置

カンジダ 放置

カンジダ症を放置するとどうなる?

カンジダは多くの女性が経験しているポピュラーな病気です。初期の症状は、軽いかゆみであることが多く、「単なる陰部のかゆみ」「ムレによるかゆみ」と放置されがちです。
しかし、症状が悪化すると日常生活に支障が出るほどまで進行したり、妊娠中の方の場合大切な赤ちゃんに感染したりする可能性がありますので注意が必要です。

 

 

カンジダ症を放置するとどうなる!?

 

カンジダ症の初期症状は軽いかゆみ程度です。その他、オリモノの量が増えたり白く濁ったりすることもありますが、初期段階のオリモノの変化は気づかれないことが多いのが現状です。
カンジダ症は悪化すると外陰部や膣内に強いかゆみや痛みが出る他、性行為の際に痛みや違和感が出るようになります。また、炎症が広範囲に悪化し排尿障害を起こすこともあります。

 

 

最も危険なのが妊娠中の感染です。カンジダ症は母子感染し、参道を通って赤ちゃんの皮膚や口腔内にカンジダ症が発症する可能性があります。


 

 

軽度なカンジダ症は自然治癒する場合もある

 

カンジダ症は体の疲れや精神的ストレス、糖尿病など免疫力が低下している時に発症しやすいため、免疫力が高まると軽度の場合、自然治癒することがほとんどです。

 

陰部にかゆみや違和感がある場合、体が疲れている、寝不足、食生活が乱れているなど心当たりがある方は、免疫力を高める生活を心がけることが大切です。免疫力を高める生活とは、栄養バランスのよい食事や十分睡眠、適度な運動などがあげられます。

 

 

必要な栄養素を効果的に摂取して免疫力アップ!!

 

カンジダ予防にとって欠かせないのが「バランスの良い食事」ですが、食生活が乱れている方が急に完璧な食生活に戻すことは大変難しいことですよね。そこで便利なものがサプリメントなど健康補助食品です。

 

普段の食事では栄養バランスはもちろん食事をする時間などに気をつけながら、不足しがちな栄養素はサプリメントで上手に補いましょう。また、カンジダ予防に効果的なサプリメントを取り入れることで効率的に予防ができます。

 

カンジダ 放置