妊娠中はカンジダが発症しやすい

妊娠中 カンジダ

なぜ妊娠中はカンジダが発症しやすいのか?

妊娠中にカンジダが発症してしまい治療を行うかたが多くいらっしゃいます。カンジダは陰部のかゆみや臭いなど不快感を伴うだけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性があるため早急に治療する必要があります。

 

妊娠中にカンジダが発症しやすい理由

  • ホルモンバランスの崩れがカンジダの大きな原因

カンジダは既に体内に存在しているカビの一種で、存在自体は体に悪影響を及ぼすものではありません。しかし、異常に増えると女性の体や妊娠中であればお腹の赤ちゃんに影響を及ぼしてしまうのです。

 

カンジダが繁殖する原因の一つとして考えられているのが「ホルモンバランスの崩れ」です。女性の膣内は酸性に保たれ菌の繁殖を抑えているのですが、ホルモンバランスが崩れると、酸性からアルカリ性に変化してしまい菌を増殖させてしまうのです。妊娠中はとくに体内ホルモンのバランスが崩れやすい状態ですので、おのずとカンジダを発症する確率が高くなってしまいます。

 

  • 病院で受けるカンジダ治療方法

病院では通常、薬を使っての治療が行われます。まずは、膣内にカンジダ菌の増殖を抑えるお薬を入れ、かゆみなどの症状があらわれていれば塗り薬などで症状を緩和させます。そのほか、膣内洗浄などが行われます。医師の診察による治療や投薬は、お腹の赤ちゃんへの副作用はありません。注意しなければならないのは、自己判断で市販の薬を使用することです。特に妊娠中は必ず医師から処方してもらいましょうね。

 

中には医師の処方であっても、妊娠中に薬剤を体内に入れることに抵抗がある方もいらっしゃいます。カンジダを発症した場合、できるだけ早く治療を開始した方がよいのですが、「妊娠中はカンジダになりやすい」という認識をもち、日ごろから予防を心がけることも大切です。

 

  • 妊娠中にも飲めるカンジダ予防のサプリメント

カンジダの予防にはサプリメントが注目されています。体や心が疲れた時にホルモンバランスが崩れやすくなります。そこで、滋養強壮効果の高いサプリメントはカンジダ予防の効果が期待できます。

 

妊娠中 カンジダ