カンジダ症はお風呂感染も否定できない

カンジダ お風呂

カンジダ症はお風呂感染も否定できない

カンジダ症は女性が発症しやすい感染病ですが、子供がカンジタ症を発症した場合、重症化する可能性もあり、お風呂によって家族や恋人にも感染する可能性があるかどうか心配されている方も多くいます。

 

 

お風呂でのカンジタ症感染の可能性はゼロではない

 

カンジダ症は、老若男女を問わず子供から大人まで誰もが体内に持っているカンジダ菌の異常繁殖が原因で起こる疾患です。ですので、子供であってもカンジダ症の方と同じお風呂に入ったことが原因で感染してしまうということはありません。他人のカンジダ菌によってカンジタ症を引き起こす前に、自分の体内にあるカンジダ菌によって発症しているはずだからです。

 

 

しかし、ごくまれに感染する場合もありますが、それは発症した方の免疫力がだいぶ低下している時です。逆に言うと風邪などで免疫力、抵抗力が低下している時はお風呂を避けるか、一番風呂に入るなどすると、更に感染する確率を下げることができます。


 

 

大人から子供への感染で注意したいのは「母子感染」

 

大人から子供にカンジダ菌を感染させてしまうのは、出産時の母子感染です。こちらは高い確率で感染すると言われています。妊娠中は膣内がアルカリ性になりカンジダ菌が繁殖しやすい環境になるため、特に注意が必要なのです。しかし、妊娠中にカンジダ症に感染しても、胎児に影響がないお薬での治療が可能ですので安心です。

 

妊娠中のお薬が心配な方の中には、免疫力を高める健康補助食品でもあるサプリメントを利用する方もいらっしゃいます。

 

 

免疫力を高めて菌から体をまもりましょう

 

カンジダの予防は、カンジダ菌が繁殖しない環境を作ることが大切です。そして、多くのカンジダ症経験者が、症状が落ち着いても飲み続けているのが「健康家族・伝統にんにく卵黄」です。
ニンニクには高い抗菌作用期待できるほか、高い滋養強壮効果が期待できます。外出時にも便利な錠剤で、長期間飲み続けられるような価格設定が人気の秘訣です。

 

カンジダ お風呂