カンジタ(カンジダ) について

カンジタ再発,カンジタ検査,カンジタ薬,カンジタ予防

カンジダ について

カンジダとは、カンジダ菌による皮膚の炎症を指すことが多いです。
膣がかゆくなることが多いので「性病」だと思っている人も多いのですが、カンジダ菌自体は誰でも持っているものです。そして膣だけでなく、おしりや口の中などにも存在している菌なんですよ。

 

「カンジダ菌は誰でも持っているもの」なら、なぜ、カンジダになる人、ならない人がいるのでしょうか?しかも、カンジダになる人というのは、癖になってよく繰り返してしまうものです。

 

カンジダは、以下のようなことが原因になっています。

  • 洗いすぎ
  • おりものライナーや化学繊維の下着を使う
  • 抗生物質を飲むことがある。

 

洗い過ぎや抗生物質は、体に必要な菌までなくしてしまうものです。するとカンジダ菌をはじめ雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。そして、おりものライナーを常用していたり、化学繊維の下着を履いていたり、また、パンストやレギンスを履くことが多い人は、膣がムレやすい状態になっています。湿度が高くなると雑菌が繁殖しやすくなるのですね。通気性が悪い状態になっているとカンジダになりやすいんですね。

 

ただ、なによりも大切なのが、免疫力を高めることです。

清潔にしすぎてはいけない、不潔にしてもいけない、ということにとらわれているよりも、健康に気を遣う方が手っ取り早い、と言えますね。もちろん、コットンの下着をつけるようにしたり、洗い過ぎないように低刺激のソープを使うようにしたりすることも有効ですが、それと併せて、食生活に気を遣ったり、ストレスを溜めないように気をつけたりと、工夫することが大切ですね。中には栄養バランスに気を遣ってサプリメントを飲み始めたら、カンジダの再発もなくなった上に風邪もひきにくくなった、という人もいます。

 

免疫力を高めるための栄養というのは「ビタミンB1だけ」とか「アミノ酸だけ」といった単体ではなく、バランスが取れているかどうかが大切です。また、サプリメントを選ぶときには、原材料もきちんと確かめて、安全なものを選ぶようにすると良いですよ。

 

 

  • カンジダ人気記事

>>カンジタ(カンジダ)予防のサプリメント


カンジタ再発,カンジタ検査,カンジタ薬,カンジタ予防