カンジダ クラミジア

カンジダ,クラミジア

カンジダとクラミジアの違い

陰部のかゆみが生じた時に心配になるのがカンジダやクラミジアなどの性病ですよね。しかし、この2つの疾患には大きな違いがあり、原因や症状もさまざまです。もちろん治療方法や予防方法も違います。

 

クラミジアの原因と症状

 

クラミジアは、日本で一番感染者が多いといわれている性病です。約100万人が感染していると予想されていますが、感染後はほとんどが無症状で進行するため発見が遅れがちになります。また、性行為によるものが主な感染ルートなので、知らず知らずのうちにパートナーにうつしてしまいます

 

症状は女性の方が「不妊症」など深刻化する場合が多いです。そのほか、女性の症状はおりものの変化や不正出血、下腹部の痛みなどがあります。男性の症状は、尿道の炎症や濃い分泌物が出る程度の場合が多く、ほとんどの方が自覚症状のない軽い症状にとどまります。

 

 

カンジダの原因と症状

 

カンジダ症は特に女性の感染者が多い疾患と言われています。カンジダという常在菌が異常に繁殖することで発症します。
発症するタイミングは、体調不良やストレスが原因で免疫力が低下したときです。性病の一種と考える方もいらっしゃいますが、性行為がなくとも自身の体調不良などが原因で発症しますので「自己感染」する疾患でもあります。

 

女性の典型的な症状は、膣や外陰部のかゆみやおりものの変化です。症状が悪化すると激しいかゆみや患部が熱を持ったように赤く炎症を起こす場合もあります。おりものは白く濁り、悪化するとヨーグルト状になります。男性の場合もかゆみや皮膚のはがれが主な症状で、悪化すると膿をもった湿疹ができる場合があります。

 

 

 

カンジダは日常生活で予防できる

 

性行為などで感染してしまうクラミジアに対して、免疫力の低下による自己感染が主な感染ルートであるカンジダは、生活習慣や食生活の改善によって自然治癒や予防することができます。
大切なのは「免疫力アップ」です。そこで注目されているのが「健康家族・伝統にんにく卵黄」など免疫力を高める効果が高いサプリメントです。効果、価格ともに長期間続けやすい条件もクリアされており、体質改善にも役立ちます。

 

カンジダ,クラミジア