カンジタ 慢性化

カンジタ 慢性化

カンジタ症は慢性化しやすい病気

陰部にかゆみや痛みを生じるカンジダ症は、クラミジアや淋病といった性病と同種の病気と勘違いされている方もいますが、カンジダ症を引き起こすカンジダ菌は常在菌の一つです。体調の変化や精神的疲労時などに発症するため、誰でもカンジダ症になる可能性があります。

 

 

カンジダは女性の約5人中1人が感染している病気

カンジダ症は男性より女性の方が発症しやすいと言われています。男性の場合、陰部にカンジダ菌が異常繁殖してもシャワーなどで洗い流すことができるからです。女性の場合、外陰部は洗うことができますが、膣内は専用の器具がなければ洗浄することは難しく、菌の繁殖を抑えることができません。

 

カンジダ菌は常在菌で既に陰部や腸に存在しますが、健康な方の膣内は弱酸性に保たれており、菌の繁殖を自然に抑えています。しかし、疲労や精神的ストレス、病後など免疫力が低下すると膣内はアルカリ性になり、菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。カンジダ症はほかの性病と違い、感染ルートは性行為よりも自己感染によって発症することの多い病気なのです。

 

 

カンジダが慢性化する方の生活習慣

カンジダ症にかかりやすい、慢性化しやすい方は、生活習慣や食生活が乱れている方に多くみられます。ストレス、寝不足、食生活の乱れは体調を崩す大きな原因となります。また、疲労が蓄積されることによって病気にもかかりやすく、治りにくくなります。このような状態がまさに「免疫力が低下している状態」であり、体がアルカリ性になりがちな証です。

 

カンジダの自然治癒力を高めるサプリメント
カンジダ症は初期の段階であれば自然治癒できます。アルカリ性に変化してしまいそうな体を菌が繁殖しにくい弱酸性に戻し、キープするように心掛けることが大切です。

 

そこでカンジダ症の自然治癒力を高めるサプリメントとして人気なのが「健康家族・伝統にんにく卵黄」です。免疫力を高める効果が期待でき、体内で必要以上に菌が繁殖するのを抑えます。


カンジタ 慢性化