カンジダ症はむくみの原因!?

カンジダ むくみ

カンジダ症はむくみの原因!?

女性の多くが経験する病気「カンジダ症」。性病とはちがい人間が持っている常在菌の一つカンジダ菌が異常に繁殖することが原因の病気です。陰部のかゆみが主な症状と思われている方も多いようですが、実は悪化すると陰部に限らず、心と体のいたる所でさまざまな症状が発生します。

 

カンジダの症状はかゆみだけじゃない!?

 

カンジダは症状が悪化すると、陰部のかゆみや痛みだけでなくさまざまな症状を引き起こしてしまいます。あまり知られていないカンジダ症の症状は、冷えやむくみ、しびれなど実際に違和感が出る症状のほかに、気分にムラができる、イライラする、集中力がなくなるといった「原因は分からないけれど気分が晴れない」状態に陥ってしまいます。

 

 

これらの症状は陰部のトラブルではないため、まさかカンジダ症が原因だと気付かない方も多くいらっしゃいますが、これらもカンジダ菌の異常繁殖によって起こる症状なのです。冷えやむくみは特に女性特有の病気を引き起こす原因となりますので、根本的治療が必要になります。


 

 

カンジダ菌が好む環境

 

カンジダは常在菌ですので存在自体は体に害を及ぼすものではなく、増えすぎることが問題なのです。カンジダが増殖しやすいのは、疲労やストレス、病後など免疫力が低下した状態です。免疫力が低下すると風邪をひきやすくなるようにさまざまな菌が繁殖する状態なのです。ちなみに、風邪をひいているとカンジダ症も発症しやすくなります。

 

また、抗生物質を頻繁に服用されている方、避妊用のピルや女性ホルモンを常用されている方、妊娠中の方などもカンジダ菌が好む体質であることを知っておく必要があります。

 

 

 

カンジダ症の治療は一時的なものでは効果がない

 

カンジダ症は何度も再発を繰り返す可能性がある病気です。たとえカンジダ菌に感染しても、菌を繁殖させない体質であれば症状を悪化させることはありません。そして、カンジダ症患者が注目しているのが「健康家族・伝統にんにく卵黄」です。
免疫力を高める効果が期待でき、カンジダ症に限らずさまざまな感染病から体を守る効果が期待できます。

 

カンジダ むくみ