カンジダ 性行為で感染するの?

カンジダ,性行為,感染

カンジダは性行為で感染するの?

カンジダは性感染病の一種と勘違いされている方も多くいらっしゃいますが、カンジダ菌の正体は「酵母カビ」の一種で、女性にならだれにでも膣内に存在している菌の一つなのです。
カンジダは性行為で感染する場合もありますが、それだけが原因ではありません。性行為がなくてもカンジダは発症するということを知り、予防が大切です。

 

 

性行為で感染する病気の種類

 

陰部のかゆみや出来物、おりものの異常などの症状がでると「性病」を心配されますが、実際は性病とは関係ない陰部のトラブルはたくさんあります。

 

 

女性の性病の代表は、性器クラミジア感染症、淋病、性器ヘルペス感染症、尖圭コンジローマ、膣トリコモナス炎などがあげられます。


 

ほとんどの性病に共通することは、初期症状はかゆみやおりものの異変など軽いもので、長い潜伏期間があることです。また、進行が始まると急速に悪化して長期的な治療が必要となります。

 

 

カンジダの原因は「免疫力の低下」

 

女性なら誰でも発症する可能性がある陰部のトラブルの原因として有名なのが「カンジダ」です。カンジダの主な症状としては性器のかゆみや白っぽいおりものなどが知られていますが、それ以外にも症状があります。

 

「かゆみ」や「おりものの異常」のほかに出る症状は、「痛み」や「腫れ」です。特に性交時に膣の中、膣の外陰部に違和感があったらカンジダを疑わなければいけません。

 

カンジダは、正常でも女性の体内にいる菌の一種で、菌の異常繁殖がかゆみや痛みなどの症状を引き起こします。そして菌が異常繁殖するのは疲労、精神的ストレス、病後など免疫力が低下している時です。

 

 

免疫力低下にはサプリメントで必要な栄養素を補いましょう

 

疲労時や精神的ストレスが溜まっている時、病後など免疫力が低下している時に菌は繁殖します。免疫力が低下している時は、まず体を休めることが大切です。そして、滋養強壮効果のあるサプリメントで必要な栄養素を補うことをおすすめします。

カンジダ,性行為,感染